迷惑メールについて

ここでは、迷惑メールやその対処法について、基本的なことをご紹介します。

01 迷惑メールとは

勝手に送りつけてくる大量な宣伝メールのことを、いわゆる「迷惑メール」と呼んでいます。 日本で主に「迷惑メール」と呼ばれるのは、送信を承諾していないのに勝手に送りつけてくる広告メールを指します。 また、これらは一般にspam ( スパム ) と呼ばれることが多くあります。

02 迷惑メールを受け取ったら

 ■返信しない

返信することは得策ではありません。あなたのメールアドレスが有効であることを悪質業者に教えてしまうことになる可能性があります。


 ■添付ファイルを開いたり、URLをクリックしたりしない

不審な添付ファイルはウイルス等の場合がありますので、不用意に開かないようにしましょう。 また、メールにホームページのURLが書かれている場合がありますが、不審なURLの場合は絶対にクリックしないでください。 URLに仕掛けがあり、クリックだけでホームページを見に来た人のメールアドレスが迷惑メール送信者に伝わってしまう場合があります。


 ■メールソフトのフィルタリング機能を利用して、迷惑メールを削除する

メールソフトの設定で、自動的にゴミ箱に行くようにしてしまうと、いやなメールを見ないですむことができます。 そのような対応が可能なメールソフトを選びましょう。


 ■迷惑メール相談センターへの通報

違法性が高いと思われる迷惑メールについては、迷惑メール相談センターの方へ相談するようにしてください。
 ■日本データ通信協会 迷惑メール相談センター http://www.dekyo.or.jp/soudan/

03 迷惑メールを受け取らないようにするには

迷惑メールが来ることをやめさせるための決定的な措置はありません。迷惑メール防止対策の具体例としては、次のような措置が考えられます。

  • ・アンケートなどには答えない
  • ・ホームページはいっさい持たない
  • ・親しい人にしかメールアドレスを教えない
  • ・メールアドレスを教えた人には自分のメールアドレスを他に漏らさないように頼む
  • ・知らない相手や不審な相手に対してメールの送信や返信をしない。どうしても送信する場合は、インターネット上で無料で利用できるフリーメールなどを活用する

04 参考サイト

 ■日本データ通信協会 迷惑メール相談センター http://www.dekyo.or.jp/soudan/
 ■総務省 迷惑メール関係施策 http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/d_syohi/m_mail.html



お電話

資料請求・申し込みフォーム

ページトップへ