お役立ち情報

このページでは、お役立ち情報についてご案内します。

01 放送コンテンツの録画について

・BSデジタルテレビ放送は、著作権保護のためNHKや民放ともに、2004年4月5日より、 「1回だけ録画可能」のコピー制御信号を加えた放送が実施されています。 また、地デジやCATV多チャンネルについても、同様にコピー制御信号を加えた放送が実施されています。
・「一回だけ可能」なデジタル放送を録画した場合は、他の録画機器にダビングできません。
・但し録画については、コピー制御に対応した録画機器と記録メディアの組合せで録画できます。
・DVDについてはCPRM対応の録画機器とCPRM対応のディスクで録画してください。(詳細については録画機器の取扱説明書をご覧ください。)
・VHSなどアナログ録画機器での録画や、アナログ放送の録画はこれまでどおりです。ムーブ(移動)機能がついている録画機器を使用すれば、 録画された番組を他の記録メディアに移動することが出来ますが、元の記録メディアの番組は消去されます。
(例:ハードディスクに録画した番組をDVDに移動。ハードディスクの番組は消去されます。)

02 ダビング10について

2008年7月4日より「ダビング10」の運用が開始されました。 これまでは、デジタル放送を録画する際には「コピーワンス」の信号により、 録画した番組をコピー(ダビング)することはできず、1回だけのムーブ(HDDからDVDへ)のみが許されていました。 「ダビング10」では、HDD/DVDレコーダーなどで録画したデジタル放送の番組を、 DVDやメモリーカードなどに9回まで「コピー」でき、最後の1回は「ムーブ」できるようになります。

ダビング10イメージ図

【注意事項】

  • ・9回のコピーと1回のムーブが可能です。ただしDVDやBlu-ray Discへ直接録画した場合は、「ダビング10」として動作しません。
  • ・STBで受信した番組を外部録画機器(デジタルレコーダーなど)で録画する場合、「ダビング10」番組であっても、全て「コピーワンス」として録画されます。
  • ・「ダビング10」の適用は番組によって異なります。
  • ・「ダビング10」に対応した製品を使用した場合のみ適用されます。
  • ・「ダビング10」に対応した製品を使用の場合でも、ファームウェアのアップデートが必要です。
  • ・ファームウェアのアップデート方法は放送電波に新しいファームウェアを混ぜ込む形になります。
  • ・アップデートに使用する放送電波は各メーカーにより異なるため、確認が必要な時は各メーカーにお問い合わせください。

各メーカの対応状況

【 東芝 】 http://www3.toshiba.co.jp/hdd-dvd/support/broadcasting_wave/index_j.html
【 SONY 】 http://www.sony.jp/products/Consumer/dvdrecorder/info/info_080623.html
【 Panasonic 】 http://panasonic.jp/diga/info/index.html
【 Victor 】 http://www.jvc-victor.co.jp/dvd/dubbing10/
【 SHARP 】 http://www.sharp.co.jp/support/av/dvd/info_dubbing10.html
【 三菱 】 http://www.mitsubishielectric.co.jp/bd-dvd/dubbing10.html
【 日立 】 http://av.hitachi.co.jp/tv/dubbing10/index.html

お電話

資料請求・申し込みフォーム

ページトップへ



PAGETOP